連続通話とはBONX Gripを使用して、BONXアプリおよびBONX WORKにおいて連続して通話が可能な状態が保持できる時間を指します。

また、連続通話7時間の前提となる測定条件は以下の通りです。

BONXのみを起動している状態で、トークルーム内において、1対1の会話で、音量が中程度のとき、話す:聞く:沈黙=15分:15分:30分=1:1:2の場合に連続通話7時間が可能です。

これは、通常の会話が自分が話す時間と、他人が話す時間、その間の沈黙の時間の比率の研究結果に基づくものです。

※なお、音量の大きさや同時通話人数によって、駆動時間が2~3割短くなる可能性があります。また、寒冷地での使用、スマートフォンでの音楽再生(iOSのみ対応)、一般通話にBONXイヤフォンを使用した場合も同様に駆動時間が短くなります。このように、ご利用の環境やシーンによって駆動時間は変化いたしますのでスマートフォン側で接続しているBONXイヤフォンの電池残量を定期的に確認しながら必要に応じて再充電を実施していただきますようお願いします。

回答が見つかりましたか?